社員メッセージ

国家プロジェクトに関わっています

まさか自分が国家プロジェクトに携わるとは想像していませんでした。当社の主要なクライアントは世界を代表する自動車メーカー。これまでの当社の技術力や対応力が評価され続けた結果、国家プロジェックに協力して欲しいと国土交通省から指名を頂いたのです。私が担当しているのは、電波暗室で使用する試験装置や自動運転ロボットの設計開発、またプロジェクト運営に伴う関係会社とのコーディネート業務です。電波暗室とは、外部からの電磁波の影響を受けず、かつ逆に外部に影響を与えないように電気的に隔離された実験設備のことです。近年ではインターネットや携帯電話、パソコンなどの普及によってありとあらゆるところで電磁波が飛び交っています。飛行機や電車などでも携帯電話やパソコンの電源を切るようアナウンスされているのを聞いたことがあると思いますが、自動車も同じで電磁波の影響を受けます。最近のニュースでも電気系統のトラブルによって世界中でリコールが起きています。企業の重要課題であると同時に、生活の身近にある自動車の快適性・安全性を脅かすのは、すべての人にとって大きな問題です。具体的にはカーナビやABS、アクセルなどが電磁波の影響を受けても正常に作動するか、どれくらいの電磁波で異常が発生するのかなどを試験し、ますます電磁波が増えていく環境の中でより安全で快適な自動車の開発を目指しています。当社の提供する製品も電磁波の影響を受けない仕様で開発を行うと同時に、電波暗室で使用する各種機器や設備、材料など、多くの関係企業と連携をとって進める必要があるため、いつまでにどの会社が何を段取りし、納めて、確認できれば次はどの会社が何を…という風に、プロジェクトの全体像を掴みながら、他社をコーディネートしていくので、大きな責任感で大変な面も正直ありますが、とても大きなやりがいを感じます。このように大きな仕事に携われることが当社の魅力です。

当社では年齢に関係なくやる気と向上心があれば重要な役割を任せてもらえますし、頑張った分はしっかりと評価してもらえます。個人的な話ですが、入社3年目に結婚し、マイホームも購入しました。仕事もプライベートも充実できる環境が当社にはありますよ!

戻る