エンジン自動運転計測制御装置

台上に設置されたエンジンに動力計を組み合わせて、エンジンまたはその構成部品の耐久や、性能、排ガス等の試験を行うための試験設備で、主として、 パーソナルコンピュータシステム、運転計測制御盤、エンジンスロットル操作アクチュエータ装置、計測・制御信号用エンジン室設置型中継箱から、構成されています。 試験内容の自動運転・自動計測からその結果処理までのトータルシステムです。

エンジン排ガス性能試験装置

エンジン排ガス性能試験装置

MS−1000シリーズ

排ガストランジェントモード対応!!

■用途
  • エンジントランジェントモード及び一般定常や、高負荷連続耐久の試験。
  • 実験、開発、認証、品質保証用。
■概要
  • ガソリン/ディーゼルエンジンの排ガス性能や、トランジェントモードの試験に最適な高機能機種です。

エンジン運転制御装置

エンジン運転制御装置

MS−1000シリーズ

■用途
  • 2輪車、4輪車用エンジン性能や耐久の試験。
  • 実験、開発、認証、品質保証用。
■概要
  • 小型、大型ガソリン/ディーゼルエンジンの一般定常や、耐久の試験に最適な標準機種です。

渦電流式動力計制御装置

渦電流式動力計制御装置

DY−1000

■用途
  • エンジン及びトランスミッションの性能や、耐久の試験。
■概要
  • 渦電流式電気動力計と接続して、定速度・定トルク・走行抵抗による制御を行います。
  • 制御可能な容量は数kw〜750kw以上。
  • 概要の詳細はこちらへどうぞ。

システム例

システム例

PC運転計測画面例

PC運転計測画面例

システム構成例


MS−1000

【制御部】
項目 概略仕様 標準 オプション
エンジン制御 制御モード:AθR/ASR  
制御モード:AθR/ASR
      :ATR/ABR
 
アクチュエータ:AM-140
操 作 力:150N
ストローク:120°
速 度:0.3S/120°
 
アクチュエータ:AM-150
操 作 力:150N
ストローク:120°
速 度:0.1S/120°
 
エンジン始動:IG,グロー,ST
      :ON/OFF
 
動力計制御 渦電流式:ASR/ATR  
交流式動力計I/F  
温度制御
(最大4ch)
冷却水/潤滑油:PWM  
予      備:PWM  
【操作・設定部】
項目 概略仕様 標準 オプション
手動操作設定部 タッチパネル方式
ロータリエンコーダ
非常停止ボタン
 
運転プログラム編集 パソコン設定
スプレッドシート式
エンジン/動力計/温度計測/監視設定
100パターン
2000ステップ以上
 
走行抵抗設定 パソコン設定
折線方式:40点
関数方式
 
警報監視設定 パソコン設定
警報レベル設定
計測項目から8ch選択
上下限設定
装置異常等:19ch
外部入力:名称設定
 
運転ステップ監視
計測項目から5ch選択
上下限設定
 
【制御部】
項目 概略仕様 標準 オプション
計測項目(最大96ch) 回転  2点  
トルク  1点  
スロットル開度  1点  
温度1  8点  
温度2  16点  
電圧1  4点  
電圧2  8点  
燃料流量  1点  
外部電圧入力  16点  
排気ガス分析計(CSV含む)  
スモークメータ  1点  
ブローバイガス  1点  
点火進角  1点  
大気圧  1点  
乾湿球温度  1点  
シグナルコンディショナー センサー直結
入力絶縁
モジュール方式:4/8ch毎
デジタル変換:16ビット
アナログ出力:16ch
 
表示モニタ TFT液晶:19インチ カラー
デジタル/バーグラフ
トレンドグラフ
帳票/作図モニタ
現在運転ステップ内容表示
運転状態表示
警報内容表示
 
計測データ収集 タイミング:手動(タッチパネル)
     :運転プログラム
 
収集仕様:パソコン
保存デバイス:HD
 
過渡計測 ロガーメモリ:128Kデータ/ch
サンプリング:1msec〜99sec
  トリガ:手動(タッチパネル)
:非常停止
  :運転プログラム
  :非常停止分析
 
【一般仕様】
項目 概略仕様
外形寸法 コントローラ盤:W=570×H=1300×D=710
パソコンデスク:W=1200×H=700×D=800
現場中継箱:W=570×H=600×D=400
所要電力 AC100V OR AC200V 3KVA
環境温度 0〜40℃
環境湿度 20〜80%RH(結露無きこと)