ディスクブレーキ・ダイナモメータ

本機は水冷式ディスクブレーキエレメントにより負荷を吸収し、エレメント部の揺動トルクをロードセルで検出します。 ブレーキトルクは空圧方式です。台上に設置された供試機の車軸に本機を接続し、供試機車軸の試験を行うことを目的とします。

ディスクブレーキ・ダイナモメータ

ディスクブレーキ・ダイナモメータ
■用途
  • 農業や建設、汎用向け機械等の性能及び耐久の試験。
  • 実験、開発、認証、品質保証用。
■概要
  1. 従来の電気動力計では困難である低回転域から高負荷試験が可能で、農業や、建設用の機械、トランスミッションの連続耐久試験に最適です。
  2. ライニング材はノンアスベスト・タイプであり、粉末による公害の心配がなく、また温度による摩擦係数の変化も少ない為安定した長時間の連続負荷試験ができます。
  3. 標準定格範囲
      吸収容量:2.9kW〜10.8kW(PAD−Cシリーズ)
              22.1kW〜596kW(PAD−Bシリーズ)
      吸収トルク:550N・m〜2560N・m(PAD−Cシリーズ)
             585N・m〜30790N・m(PAD−Bシリーズ)
■特長
  • 安定した負荷吸収特性による広い制御範囲(1%〜100%)
  • 特殊摩擦材を使用し、従来の摩擦ブレーキと比較して、ライニングの寿命を大幅に改善しました。
  • 低速回転からの優れた高トルク吸収特性。
  • 空気圧制御による摩擦式ブレーキであり、ストール・トルク測定ができます。

エアーコントロール・ユニット

エアーコントロール・ユニット

CU−200

■用途
  • ディスクブレーキ・ダイナモメータの空気圧制御によるトルク制御。
■概要
  • 最大供給空気圧:0.68MPa
  • 出力空気圧範囲:0.55MPa

【標準定格表】
型名 吸収容量
(kw)
制御トルク
(N・m)
空気圧
(0.55MPa)
定トルク範囲
(min-1)
許容スリップ
回転数
(min-1)
トルク
アーム長
(m)
適用
ロードセル
(kN)
慣性
モーメント
(kg・u)
本体質量
(kg)
冷却方式
最小 最大
PAD-301B 22.1 41 585 0〜366 2150 0.25 5 0.063 170 水冷式
PAD-302B 44.1 82 1170 0〜366 2150 0.25 10 0.103 200 水冷式
PAD-401B 44.1 155 2210 0〜194 1260 0.35 10 0.353 400 水冷式
PAD-402B 88.2 310 4410 0〜194 1260 0.35 20 0.718 660 水冷式
PAD-501B 88.2 350 5010 0〜171 955 0.40 20 1.993 780 水冷式
PAD-502B 176 710 10020 0〜171 955 0.40 50 4.223 980 水冷式
PAD-503B 265 1060 15030 0〜171 955 0.50 50 4.725 1450 水冷式
PAD-701B 199 720 10270 0〜188 715 0.50 50 3.618 1400 水冷式
PAD-702B 397 1440 20530 0〜188 715 0.50 50 7.675 2100 水冷式
PAD-703B 596 2160 30790 0〜188 715 0.60 100 11.610 2700 水冷式
PAD-25C 2.9 3.6 550 0〜52 2700 0.20 5 0.045 70 空冷式
PAD-30C 4.2 5.6 860 0〜47 2250 0.25 5 0.100 90 空冷式
PAD-40C 7.5 12 1800 0〜41 1700 0.30 10 0.253 140 空冷式
PAD-50C 10.8 17 2560 0〜41 1350 0.35 10 0.728 160 空冷式